様々な脱毛方法とそのメリット・デメリットについて

脱毛についてその1

“脱毛とは肌に生えてくる毛を取り除くことですが、その方法はとても種類が多く必要な道具や費用もそれぞれ異なります。また肌表面に生えてきている毛を取り除く方法だけではなく、まだ表面には出てきていない毛にもアプローチする方法もあり仕上がりや効果も大きな違いがあります。

どんな脱毛を行うかは個人の選択になりますが、選ぶ基準としてそれぞれのメリットとデメリットを理解しなければなりません。家庭で行う脱毛の場合メリットは費用が掛からないことといつでも手軽に行えることになりますが、デメリットとして効果が長続きしないことや肌トラブルが発生しやすいことがあります。肌トラブルが起きてしまうと見た目に影響が出たり繰り返し処理ができないなどのデメリットもあるため、事前に理解しておきたい重要なポイントです。

もちろん専門的な脱毛サロンで処理を行う場合でも、肌トラブルが全く起きないということはありません。ですが肌トラブルの発生を最低限にできる仕組みと発生後の対処の知識も持っているので、リスクは最低限となります。仕上がりや高い脱毛効果を感じたい方は自己処理は避け、費用をかけたくない方や自分の肌質を理解し適切に処理できる方は自己処理を行うようにすることがふさわしい判断となります。”

脱毛についてその2

“家庭でも簡単にでき費用もかからない脱毛方法としては、毛抜きを使ったものやカミソリで剃るものがあります。どちらもすでに肌表面に毛が出てきている状態で行うことがふさわしく、毛抜きを使用する場合はある程度の毛の長さも必要になってしまいます。

毛抜きを使った脱毛の特徴は毛を一本一本取り除く必要があり、抜き取る際に痛みを感じることもある点です。ですがまだ肌の内部にある毛まで取り除くことができるので、脱毛効果を感じることができる期間が長めとなっています。メリットは毛抜きさえあれば費用はかからないことと処理後に次の毛が生えてくるまでの期間が長いことで、デメリットは毛穴が炎症を起こす可能性があったり埋没毛といって毛が皮膚の中で成長してしまう状態になってしまうリスクがあることです。

カミソリを使って毛を剃る方法の特徴は目に見える毛を取り除くことができることと、痛みがほとんどない点です。メリットは広い範囲でも一度に処理が行えることとカミソリのみで費用が抑えられることですが、デメリットとして毛が伸びると効果がすぐ感じられなくなってしまうことと皮膚がカミソリの刃で傷つきやすくなってしまうことがあります。毛抜き同様に毛穴に赤みが表れたり埋没毛になってしまう確率もとても高くなっています。”

脱毛についてその3

“家庭で行える脱毛には器具を使わずに薬剤を使って行う方法もあります。薬剤を使用するものの定番は除毛剤を使うもので、これは肌に除毛剤を塗り薬剤の効果で毛を溶かしていく方法です。除毛剤のメリットは痛みがほとんど無いことと仕上がりがきれいになることで、デメリットは肌荒れが起こりやすいことと薬剤が毛を溶かすのに一定時間かかってしまうことがあります。毛穴の中にある毛まで薬剤の効果が及ばないため、脱毛効果を感じる期間も短めです。

次に同じく薬剤を使用するものではワックスを使う方法があります。このワックスというのは脱毛専用に作られており粘着質があるので肌表面の毛にしっかりと密着します。ワックスを肌に塗った後にシートを張り付け、一気にこのシートを剥がすことでワックスと毛を一緒に抜き取ることができるという仕組みです。ワックスのメリットは一度に広範囲の処理ができることと毛を抜くので脱毛効果が得られる時間が長くなることで、デメリットとしてはシートを剥がす際に強い痛みを感じることがあることとある程度毛が伸びていなければ効果が出にくいことがあります。他にもワックスの刺激で肌荒れも起きやすいので、肌に刺激を感じやすい人には向いていません。

脱毛についてその4

“家庭で行う脱毛には機械を使うものもあり、それが電動シェーバーや家庭用脱毛器です。電動シェーバーは男性の髭剃り機が一般的ですが、充電式や電池式さらにはコード式など多種多様です。女性用の電動シェーバーもあり顔用や体用などがあります。電動シェーバーのメリットはカミソリほど肌に負担がかからないのにきれいに反り上げることができることと短時間で処理ができることで、デメリットは浴室など濡れる場所では使えないことと最初に購入費用が掛かってしまうことがあります。また定期的に洗浄する必要があり刃の切れ味が落ちたら交換しなければならないという手間もあります。

家庭用脱毛器は近年とても市場が広がり、以前は毛を掴んで抜き取るものが一般的でしたが最近は光を使用するフラッシュ脱毛器も販売されるようになりました。フラッシュを使うタイプは毛穴の毛根に働きかけるもので、毛そのものの成長を弱める効果があると言われています。使い続けるごとに生えてくる毛が細くなると言われていて、毛根から毛が抜け落ちる効果もあります。メリットは脱毛効果が高く続けることで半永久的な効果が可能性としてあることで、デメリットは最初の購入費用が高額で使い方を間違えると効果が感じられないことです。”

脱毛についてその5

“家庭で行う脱毛のメリットは費用がかからないことですが、デメリットとして処理による肌への影響と効果の弱さがあります。そのため高い脱毛効果を感じたい時には医療クリニックや美容サロンで行うことがふさわしいのですが、その分費用がかかってしまいます。費用に関しては付随するサービスや処理の回数によっても大きく差が出てくる部分です。

医療クリニックや美容サロンで行う脱毛の費用が高い理由は、使用する器具と施術する人の人件費が関わっているからです。一般的に医療クリニックではレーザー照射をする機械を使用しますが、施術者は医師か看護師の医療行為が行える人と限定されています。美容サロンではフラッシュ照射の機械を使用しているところが多いですが、施術者に制限はありません。

医療クリニックも美容サロンもどちらもとても高額な脱毛機械を使っているのでその分価格も高くなっており、医療クリニックの場合は施術ができる人に制限があることも大きく関係しています。医療クリニックで行うレーザー脱毛の方が短期間で効果を感じやすいという特徴もあるのですが、その分痛みも感じやすいと言われています。また処理後の肌のケアなどは美容サロンの方が適切に行えるので、どちらを選ぶかは目的に応じて決めることが大切です。”

脱毛についてその6

“医療クリニックや美容サロンで脱毛を行うメリットの中でも一番大きい部分は、永久的な効果を得られることでもあります。なぜ永久脱毛ができるのかは使用する機器が目に見えない毛根やその付近にアプローチすることが可能となっているからです。

レーザーやフラッシュは毛穴の中にある毛根の黒い色素に反応して照射されるようになっており、毛根そのものやその周囲にダメージを与えることができます。ダメージを受けた毛根は毛を成長させる機能が弱くなってしまい、しっかりとした毛を育てることが難しくなっていきます。さらに毛の成長サイクルに合わせてレーザーやフラッシュを当てると毛の成長を止める働きが強くなり、照射を定期的に繰り返すことで毛根の活動を止める効果も期待できます。

レーザーの方が永久脱毛の効果が感じやすいとされていますが、フラッシュでも毛の成長サイクルに合わせながら回数を重ねることで効果が高くなります。またレーザーの場合は効果が高い分肌に火傷などのトラブルが発生しやすくなっているのですが、医療機関で行うので異常が起きた場合はすぐに医師に相談することも可能です。どちらもメリットやデメリットがあるためよく理解した上で利用しなければなりません。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です