肌に優しい脱毛にチャレンジしてみよう

脱毛についてその1

“手足や両わきに生えているムダ毛の処理が甘くなっていると、美容にいい加減な女性というイメージがついてしまいます。ノースリブや水着などで肌を露出することが増える夏だけではなく、冬場も暖房などで腕まくりすることがあるので、しっかりとムダ毛処理しておくのがおすすめです。

だからと言って、間違った方法のムダ毛の自己処理を繰り返していると、肌に大きな負担がかかってしまうので注意が必要です。特にカミソリや除毛クリームを使ったムダ毛の自己処理は、すぐにムダ毛がのびてしまうため施術回数が多くなる傾向があるので気を付けましょう。

ムダ毛を綺麗にケアしたいと思ったら、脱毛施術を受けるの近道です。専門施設での脱毛はムダ毛を毛穴から処理できるので、すべすべの素肌を長くキープすることができます。さらにムダ毛の抑制効果も期待できるのが魅力です。

脱毛というと痛みが強かったり、肌の赤みや腫れが出やすいというイメージがありますが、ケアに使用するマシン選びを上手にすることでダメージを抑えることが期待できます。さらに脱毛時に控えたい行動などもいくつかあるので、それを理解して実践することで、肌に優しい脱毛を進めていくことができます。”

脱毛についてその2

“肌に優しい脱毛にチャレンジするための第一のポイントは、ケアに使用するマシンにかかってきます。脱毛できるマシンには、自宅で手軽に使用することができる家庭用と、エステサロンのような専門施設に導入される業務用に分けることができます。

家庭用のマシンは、誰もが安全に使用できるように威力が弱められているのがポイントです。そのため、ムダ毛の自己処理が不要になるほどの高い効果は得られにくくなっています。さらに間違った方法でムダ毛を処理したり、アフターケアが不足する恐れもあるので注意が必要です。

肌トラブルを抑えつつ脱毛したいと思ったら、専門施設で行うのがおすすめです。ムダ毛と美容に詳しいスタッフが、最新のマシンでケアを進めていくれるからです。

これに加え、フラッシュタイプの脱毛マシンを使うことも大きなポイントになってきます。脱毛マシンにはレーザータイプとフラッシュタイプの二種類がありますが、フラッシュタイプのほうが照射威力が弱く、施術時の痛みや肌の赤み、腫れが出にくいからです。

フラッシュタイプのマシンは肌負担が少ないというメリットがありますが、そのため施術期間が長くなるというデメリットもあります。ですのでムダ毛を綺麗にしたいと思ったら、早めにケアすることが大切です。”

脱毛についてその3

“肌に優しい脱毛をするためには、フラッシュタイプのマシンを使用するのがおすすめですが、そのマシンの形式にもこだわるようにしてみましょう。フラッシュタイプのマシンでよく使われているものにはIPL方式やSSC方式、SHR方式がありますが、これらのマシンはムダ毛を処理する方法が違ううえに、ケアに向いているムダ毛も変わってくるからです。

IPL方式のマシンは、ムダ毛に含まれているメラニン色素に反応を示すのが特徴です。このメラニン色素は黒色が濃い部分に多く含まれているので、全体的にムダ毛が濃い人や両わきをケアしたい人のおすすめです。

ですがメラニン色素はムダ毛に中だけではなく、肌の中にも生成される成分なので注意が必要です。日焼けをして肌色が濃くなっていると、施術時の痛みが強くなりやすいので気を付けましょう。

SSC方式の脱毛は、肌にフラッシュ照射する前にジェルを塗るのがポイントです。このジェルにはムダ毛を抑制する成分が含まれていて、フラッシュに反応することで脱毛効果を発揮します。濃いムダ毛だけではなく、産毛も綺麗にケアできるのがメリットです。

SHR方式のマシンは、毛穴の周辺の熱エネルギーを与えるのが特徴です。これによりムダ毛がない毛穴でも脱毛効果を得られるのが魅力です。”

脱毛についてその4

“肌に優しい脱毛を進めていくためには、ケアに適している肌コンディションに整えることが大切になってきます。何故なら、私達の肌はバリア機能が低下していると外からの刺激に敏感になるという特徴があるからです。バリア機能が低下した状態で脱毛をすると、普段よりも痛みが強くなったり、腫れや赤みが長く続くことになるので注意が必要です。

脱毛に興味を持ったら、施設に通う前から丁寧にスキンケアをするようにしてみましょう。特に保湿ケアに力を入れることで、肌のバリア機能を高めることができます。保湿ケアを意識したスキンケアをするには、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合されたスキンケアアイテムの利用がおすすめです。化粧水だけではなく、乳液や美容液などライン使いすることで、肌の水分量を高めることが可能です。

肌のバリア機能を低下させる要因には、日焼けもあげられます。特にメラニン色素に反応する脱毛マシンでケアしたいという人は、日焼け対策が重要になってきます。日焼けをしないようUVケアに力を入れたり、日傘や帽子などの着用がおすすめです。

メラニン色素が増えないようにすると同時に、肌に定着したものを還元する美白ケアも行ってみましょう。ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどは色素沈着の効果があり、使用することで脱毛の肌負担を減らすことが期待できます。”

脱毛についてその5

“エステサロンや美容クリニックでの脱毛施術は、ムダ毛が短い状態で行うのが普通です。そのため施術を行う前に、ムダ毛を短くシェービングする必要があります。このシェービングは店舗によってサービスで行うところもありますが、できたら脱毛前日までに自分で行うようにしましょう。

シェービングはカミソリや電気シェーバーで行いますが、ムダ毛をカットすると同時に肌の表面に細かな傷が多くできるのが特徴です。そのためシェービングした直後の肌は炎症を起こしていたり、ちょっとした刺激で痛みが強く出る可能性が高くなっています。シェービング直後に脱毛をすると、肌トラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。

これを避けるために、脱毛予約をした前日までに自宅でケアしておくのがおすすめです。シェービングクリームなどを利用し、ムダ毛の流れに沿ってカミソリなどをあてることで、肌に傷ができるのを防ぐことができます。さらにシェービング後はクリームやローションや使用して、肌が乾燥するのを防ぐようにしましょう。

背中やえりあし、VIOラインのように自分でシェービングが難しい部分は、エステや美容クリニックのスタッフにケアしてもらうのがおすすめです。無理に自己処理しようとすると、大きな傷を作ってしまう危険があるからです。”

脱毛についてその6

“フラッシュ方式のマシンによる脱毛は、肌ダメージを抑えながらムダ毛を処理できるので、敏感肌や乾燥肌の人もチャレンジしやすいのが魅力です。ですが脱毛と言うと専門店でのケアが必要になるので、費用や施術期間が心配になる人が多いようです。

フラッシュ方式による施術は、レーザー方式によるケアと比較すると施術費用がリーズナブルなのがメリットです。脱毛費用は施術部位が広いほど高くなりますが、フラッシュ方式で全身のムダ毛をケアした場合、完了までにかかる費用の目安は30万円前後になります。レーザー方式だと50万円以上になることも多いので、フラッシュ方式を選ぶことで半分ほどに抑えることが可能です。

ですが、フラッシュ方式による脱毛はレーザーによる施術と比較すると、完了までの期間が長いというデメリットがあります。数か月に一度のペースでケアした場合、十分に効果を得るためには二年から三年ほどの期間が必要になります。早くムダ毛を綺麗にしたいと思ったら、早めにケアを開始する必要があります。

早く脱毛を終わらせるためには、エステサロンなどの営業日時をチェックすることがポイントです。自分の都合にあった日時もきちんと営業していることを確認してから、契約をするようにしましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です