レーザー脱毛の仕組みについて

以前は、人前で肌を露出する機会が多い方など限られた方が施術する印象があったレーザー脱毛が一般的になっています。

レーザー脱毛は、ムダ毛のメラニン色素のみに反応が生じる光の働きを用いた脱毛の方法です。

照射すると、皮膚の下に存在するメラニン色素が照射された光を吸収し、吸収した光が熱へと変化しムダ毛の毛根を壊すという仕組みです。周囲の皮膚に対しては悪影響を及ぼす恐れが無いことから、痛みを感じずに効率的に脱毛できる方法です。しかし、医療行為に指定されていることから皮膚科などの医療機関でのみ受けることができます。

厚生労働省も正式にエステサロンで施術するレーザー脱毛は、医療法に違反していると発表しています。ムダ毛にも、毛髪などと同じく毛周期が存在しています。毛周期は成長期から退行期、休止期へと移り変わりますが、レーザーによる効果があるのは成長期の段階にある毛のみです。その理由は、毛に存在しているメラニンの色素量が関係しています。

退行期は、メラニンの色素量が少ないですし、休止期は色素が存在しないので効果が現れません。レーザー脱毛を行う場合は、全身の中で異なる毛周期に合わせて光を当てることが重要です。複数回異なるタイミングで照射を行うことで、全身の毛を処理することができるのです。

こうした工程を繰り返していくことで全身の毛根を壊すことができると、レーザー治療により全身の永久脱毛が完了したということができるのです。レーザー脱毛はお金さえあれば、いつでも誰でも受けられると思ってる人がいますが、実はそんなことはありません。レーザー照射にお金がかかるのはその通りですが、他にも大事な条件がいくつかあって、その条件をクリアしなければレーザー脱毛は受けられません。

例えば、日焼けした人が美容外科でレーザー脱毛を受けたいといっても、受けさせてもらえないと思ったほうがいいでしょう。なぜなら、日焼けした肌にレーザーを照射すると、黒い皮膚に過剰反応して、やけどしてしまう恐れがあるからです。

レーザー脱毛は白い肌のほうが照射出力が上がって効率よく脱毛できるので、日焼けした肌の施術は好ましくありません。また、妊娠中の女性はホルモンバランスが不安定になっているので、大事をとって施術を断られることもあります。

レーザー自体には副作用などはありませんが、妊婦の体の負担にならないとは言い切れないので、少なくとも積極的におすすめされるものではありません。さらに、治療費を用意できない人は、当然ですが施術は受けられません。

健康保険でカバーできると思ってる人もいますが、残念ながらレーザー照射には健康保険を適用することはできません。したがって治療費は全額自己負担になるので、この費用を自分で用意しなければなりません。さらに、未成年者は自分ひとりで施術を受けることができず、親の承諾書がなければなりません。承諾書があればレーザー脱毛できますが、ただし、未成年の場合はまだ成長期にあるので、毛根を破壊して永久脱毛しても再び毛根が生成される可能性があります。

以上のように、条件次第で施術が受けられる人と受けられない人がいます。女性の中には腕や脚、ワキのムダ毛などを永久脱毛してしまうという人が増えてきています。

永久脱毛をすることによって、ムダ毛の処理にかかる時間を短縮することができますので、その分の時間をスキンケアに回したり、自分の時間に充てるということも可能になるのです。

ムダ毛の処理にかかる時間というのは意外と多くかかってしまいますし、アフターケアまでしっかりとしておかないと、肌荒れの原因になってしまうということもありますので、トータルでかなりの時間を要してしまうということがあるのです。

そこで、普通に生活していて見えてしまう可能性がある部分だけでも永久脱毛をしてしまうことによって、ムダ毛の処理をしなくても済みますし、夏など半袖やノースリーブを着用する場合でもムダ毛の処理をしていないと慌てなくても済むというメリットがあるのです。

旅行に行く際にも、ムダ毛の処理をする必要がないことによって、安心して温泉に入ることができますし、数泊しなくてはならないという場合でも、ムダ毛が生えてきてしまうという心配がないため、他人と一緒でも安心して過ごすことができますし、余計な事を機にせずに旅行を楽しむということができるのです。

突然入院をしなくてはならなくなってしまった場合でも、ムダ毛が生えてこないことによって、病院のシャワー室でムダ毛の処理をしなくても済むというメリットがありますので、永久脱毛はとてもおすすめとなっているのです。現在全身脱毛の施術を行っているクリニックやエステサロンは全国に数多くあります。

プランや料金は店舗によって異なるため、自分のニーズに適した信頼のおける店舗を選ぶことが何より大切となります。

大きく分けるとクリニックは回数制でその都度支払う場合が多く、エステサロンは一年間で6回というプランが多く採用されています。

銀座の脱毛クリニックでも様々なプランがあります。クリニックとエステサロンの違いは、医療行為に当たる医療レーザーによる施術を受けられるかどうかです。

医療レーザーはレーザーの照射がサロンなどで受けられるフラッシュ脱毛に比べ強いため、確実な効果を得ることができると言われています。全身脱毛の場合、どちらを選択したとしても効果を実感するには回施術を受ける必要があるため、自分の毛の量や強さに合わせて施術方法を選択すると良いと言えます。また店舗によって全身脱毛のプランやコースに含まれる部位には違いがあるので、自分が希望する部位が含まれているかを確認して選ぶことが重要です。

全身脱毛をする前に脇やビキニラインなどの比較的安くお手軽な部位を試しに受けてみるのも有効な手段です。何回の施術でどの程度効果が実感できたかを知ることができれば全身になった時の予想もつけやすくなります。

その他、スタッフの接客対応やカウンセリングの様子などもチェックしておくと良いです。

多くの店舗では無料の資料請求を行っているので、複数の店舗から取り寄せて比べてみるのも良いと言えます。全身脱毛とは脱毛を行う施設が指定した部位から気になる所を数か所選んで、同時に脱毛を行う事を意味しています。

脱毛は毛周期に合わせて何度かの施術を繰り返す事で発毛組織が破壊されてるので、永久性を得ることが出来ます。脱毛の施術を受けた時に処理が行われるのは毛周期の中でも成長期に入っている毛のみとなるので、休止期や退行期に入っていた毛と言うのは再び生えて来ることになり、この時に再び脱毛の施術を受けることで成長期の毛に対する脱毛の効果を期待出来ると言う事なのです。

全身脱毛はクリニックや脱毛サロンで施術を受けることが出来ます。また、全身脱毛はクリニックや脱毛サロンで費用も異なりますが、個別に脱毛を行うよりもリーズナブルな料金で施術を受けることが出来ると言う魅力が在るのです。

尚、脱毛サロンは医療行為が禁止されているため、クリニックなどで行われている医療レーザー脱毛の施術を行うことが出来ません。ですが、フラッシュ脱毛や光脱毛と言った機器を利用し、脱毛したい肌に特殊な光を照射させることで医療レーザー脱毛と同じように発毛組織を破壊することが出来るのです。また、脱毛サロンでは美肌効果を高める目的において、それぞれの施設で独自に作り出したジェルを塗布して施術を受けることが出来ると言った魅力も在ります。

尚、光を利用した脱毛と言うのは医療レーザーを利用した時に生じる永久性は無く、半永久的な脱毛になるのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です