レーザー脱毛で注意したいこと

美容皮膚科や美容外科などの医療機関では実に様々な美容医療を提供していますが、ムダ毛の処理目的に通う人も多くなっています。医療機関で行われている脱毛は以前は針脱毛という方法がよく選ばれていましたが、今はレーザーを照射することで効果をあげていくレーザー脱毛が中心となっています。

レーザー脱毛の場合は広範囲を一度に処理ができ、痛みもかなり抑えられていますし、永久脱毛の効果が高い、産毛から剛毛まで幅広く対応できるなどのメリットがあります。レーザー脱毛は効果の高い施術ですが、実際に治療を受ける前には注意点も知っておきましょう。まず、こうした脱毛は医療行為ですが、美容目的となりますので、保険適用や医療費控除の対象ではありません。施術は実費となりますので無理なく利用できる価格であるか確認しておきましょう。

さらに、自己処理で毛抜きやワックスを利用している場合は毛根がありませんので、レーザーが反応しません。

それゆえに施術を行う前はこうした自己処理は控えておきましょう。そして体毛にも毛周期がありますので、レーザーは成長期の毛にしか反応しません。それゆえに毛周期に合わせて何度もケアを行っていく必要があります。

レーザーは黒い部分に反応しますので、日焼け肌ではうまく脱毛できないこともありますので、日焼けしないよう気をつけることも大切です。タトゥーがある場合はその部分は照射できませんので、その部分を避けるか、照射できない部分だけ針脱毛で対応していくこととなります。レーザー脱毛はレーザー光を肌にあてて施術を行っていきます。

このレーザー光はメラニン色素という成分に反応していく性質があるため、この成分がより多く含まれているムダ毛をピンポイントで弱らせていくことができるのです。施術の方法は非常に簡単で、ムダ毛を処理したい部位にただ光をあてていくだけです。その光の照射時間もほんの一瞬で済むものなので、施術の際の負担を最小限に抑えることができるのです。

ただ、このレーザー脱毛はネックな部分もあります。それは日焼けがあまりにもひどい場合には施術が難しいという点です。先にも述べたように、レーザー脱毛で使用されるレーザー光はメラニン色素に反応します。

実はこのメラニン色素はムダ毛だけでなく、肌にも含まれるものなのです。特に日焼けがひどい場合、肌内部に含まれるメラニン色素もその分多くなるので、脱毛施術の際、レーザー光に強く反応してしまう可能性があるのです。

もちろん、多少、脱毛マシンのパワーを調節すれば施術が可能になることもできるのですが、やはりパワーが弱くなる分、ムダ毛処理にかかる施術の回数は多くなっていってしまいます。定額プランのようにある程度施術を繰り返しても許される場合であればいいのですが、これがすでに回数が決められている脱毛コースだった場合にはかなり損をすることになるので、注意が必要です。

場合によっては症状の深刻さによって、サロンでの施術自体を断られることもあるので、気になる症状があるという人は事前にチェックしておくといいでしょう。永久脱毛をすれば、永久にムダ毛が生えてこなくなるというイメージがありますが、それは間違いです。永久脱毛の正しい意味は、脱毛の完了から1カ月後の毛の再生率が20%以下の場合を指します。そのため、脱毛したのに、毛がまた生えてきてしまっても、20%以下なら永久脱毛と呼んでも構わないことになります。

現在、国によって認められているのは、医療機関のレーザー脱毛だけで、エステや脱毛サロンの施術は永久脱毛とは認められていません。その理由は、施術の方法によります。レーザー脱毛は医師がいる医療機関のみで扱うことのできる、出力の高い光です。一度に広範囲の施術が可能で、痛みが少ないというメリットがあります。

さらに、レーザーの光はムダ毛は生えてくる元になる細胞である、毛乳頭を破壊するので、一度施術した毛穴からは毛が生えてこなくなります。

生え変わりのサイクルに合わせて、5~6回ほど施術を受けていくと、どんどんムダ毛が減っていき、最終的にはツルツルの状態になります。レーザーを使った脱毛は、まだ歴史が浅いために、何十年後にどの程度の毛が再生されるかは、詳しいことは分かっていません。しかし、現段階では、施術した人のほとんどの場合、毛が再生することはほとんどなく、一般に浸透している意味での永久脱毛としての解釈と同じ意味を持つようになりました。

毛乳頭を破壊できないエステの脱毛では、回数が何度もかかってしまう割に、効果が薄いというデメリットがあります。

全身脱毛をするにはいくつかの方法がありますが、現在一番主流となっているおすすめの脱毛方法がフラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛です。これらの方法での全身脱毛がおすすめな理由は、一度の施術で広範囲が脱毛できる点、そして脱毛効果の持続期間が非常に長い点です。フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛はほぼ同じメカニズムで、ムダ毛の細胞を熱で焼いて破壊することによってムダ毛を除去し、再生しないようにするというものです。

フラッシュ脱毛はエステや脱毛サロンで、医療レーザー脱毛は美容皮膚科などの医療機関で受けることができます。特殊な機械を使用し、光またはレーザーを肌に照射するだけで脱毛効果が得られますので、1回の施術にかかる時間が短いという点が特徴です。

全身脱毛は文字通り全身をくまなく脱毛しますので施術の範囲が広く、例えばニードル脱毛のように毛根一つ一つに対し細かな処理が必要な脱毛方法では施術に非常に長い時間を要します。

一方で、特にフラッシュ脱毛は機器の照射範囲が広いですので全身を処理するのも比較的短時間で終了し、施術ストレスが少ないというメリットがあるのです。次に脱毛効果の持続期間についてです。フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛はいずれも永久脱毛に分類され、一定回数施術を行えば脱毛効果は半永久的に持続するものとされています。全身をくまなく脱毛してもすぐにムダ毛が生えてきてしまってはせっかく施術にかけた時間が無駄になってしまいますので、長期間ツルツルのお肌をキープできるという点は大きな魅了です。

全身脱毛を検討する際にはいくつもあるサロンの中で「全身脱毛を専門とする」所を候補に選ぶと良いでしょう。

全身脱毛はサロンにもよりますが、全身を1日で行う場合もあれば2回に分けて行う場合もあります。どちらにしろ、数か所の脱毛よりも時間がかかる為、いかに施術時間をスピーディーに行うかが、サロンでも回転率を上げるために工夫している点でもあります。全身脱毛を専門とするサロンでは多くのお客様を短い時間でこなすにはノウハウや技術を持っている為、お客様にとっても施術時間をスピーディーに対応してくれる点ではメリットがあります。

また、専門とする所を選ぶメリットは売りにしている部分でもある為、他のサロンよりも安く、技術は高く提供している事が多いです。お客様も契約がしやすいように料金プランも工夫を凝らしている所も多いです。

独自の分割制度や流行りの月額制にしてみたりと柔軟な料金プランなどがあります。注意点としては、効果が出るかどうかです。脱毛には個人差がある為、契約回数分で済まない人もいます。無制限にたいおうしているか、追加契約はどうなのか、始めの契約の時点であとどのくらい回数をこなせば満足いく結果が得られるか、毛の状態やカウンセリングでじっくり検討できる環境があれば良いでしょう。高額な料金を支払う為、もし満足いかない場合の対応も調べておく事でトラブルを防ぐ事が出来ます。お試し体験もあれば利用したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です