レーザー脱毛のポイントとメカニズム

レーザー脱毛はレーザーを照射して脱毛を行う方法で、医療クリニックで行っています。

一般的にエステサロンで行われる脱毛は光脱毛という種類の脱毛です。レーザー脱毛は光脱毛より脱毛効果が高く、永久脱毛が出来ます。また、効果が強いので、その分脱毛が終わる期間も短くて済みます。しかし、出力が強いので施術に痛みを伴うこともあるので、敏感肌の人などはレーザーよりも光脱毛の方がお勧めであったりします。レーザーを用いる医療クリニックでは医師や看護師の元でカウンセリングを行い、施術をしますのでその人件費分やレーザーの機械が高額ということから施術費用も高くなります。なお、レーザー脱毛のメカニズムですが、毛を剃った状態の皮膚の上からレーザーを当てるのですが、レーザーを照射するとこのレーザーは黒い毛に吸収されて熱を持ち、その熱は周囲に広がります。その後、毛や毛を育てる毛母細胞がレーザーの熱で破壊され、残った毛は抜け落ちるというメカニズムです。レーザーは黒い色に反応するので、ほくろや日焼け、タトゥーにも反応する可能性が高いです。そうなると火傷の原因にもなり得るので、肌状態の注意も必要です。レーザー脱毛によって短期間で脱毛ができると忙しい女性にとってはとても嬉しいことです。

費用も高いと言われていますが、医療クリニックの中には月額5000円程度でできるクリニックもあるので、クリニックを比較した上でしっかりとクリニックを選ばれることをお勧めします。顔の産毛のレーザー脱毛は、女性立ちにも高い人気のある脱毛です。多くの女性が実感することですが、顔の産毛をレーザー脱毛で処理すると、顔の肌の色が明るくなります。顔に生えている産毛というのは、ワキとか足などの濃いムダ毛とは違って、あまり目立たないというのが特徴としてあります。目立たないだけに、メイクはきちんとしても、顔の産毛はそのまま放置という人はいますし、実際には産毛に関して高い悩みとは感じていないケースもあります。でも産毛は意外と厄介で、ひっそりと生えてはいませんが、顔色を少しだけ暗くしていたり、メイクの邪魔をしていたりもします。産毛は当たり前に存在しているために、本人でも意識しないと、まさか美容の邪魔をしているとは気が付きにくいです。ファンデーションを顔に塗った時にも、産毛があるのとないので、メイクのノリまでも違って着るのです。顔の産毛の処理は、医療レーザー脱毛の照射で行います。

産毛が脱毛で消えただけでも、素肌は1トーン明るくなります。医療レーザーを照射してのお手入れは、顔の毛穴も小さく目立たなくさせることになります。それに肌のキメを細かく整えるという、ナイスな効果もあります。レーザー照射によって、シミの元となるメラニン色素に反応することになりますから、照射でシミは薄くなっていくというラッキーな美肌効果のおまけつきでお得です。デリケートな顔の脱毛をするならば、安全であり肌にもやさしく行える、医療レーザー脱毛が安心です。女性のデリケートゾーンも安全に脱毛できるのが、医療レーザー脱毛です。Vラインのビキニラインと、Iラインは陰部周囲、そしてOラインは肛門周囲といった、デリケートゾーンをまとめて脱毛することができます。すでに海外の女性たちの間では、とてもポピュラーな施術となっています。でも人の女性にとってみれば、なかなか相談しにくくて、それだけに悩みとしているケースもあります。ですが今では、下着やビキニの水着を身に着けるために、気楽なお洒落感覚で行う人も増えています。安全でありながら、お肌にもやさしい脱毛であれば、医療レーザー脱毛が安心です。

アンダーヘアの脱毛エリアというのは、ビキニラインのVライン、陰部周囲のIライン、肛門周囲のOラインに分かれています。Vラインというのは正面から見たとき、脚の付け根部分のショーツからはみ出ている、形としてはV字の部分にのことです。Iラインというのは、ヒップら股間にかけてのパーツで、女性器のまわりに発毛している部位です。Oラインというのは、ヒップの肛門周りのパーツです。いずれかの脱毛だけでなく、部分的にVIO全ての脱毛であるハイジニーナも医療クリニックではレーザー脱毛の施術を行っています。大胆にTバックのような下着を着用したい人にも向いていますし、毎月の生理時の不快感を少しでも軽減したい人にもお手入れはする価値があります。日頃からデリケートゾーンの清潔感を、できるだけ維持したいと気にしている人にもいいでしょう。レーザー脱毛は永久脱毛として認められている脱毛方法です。永久脱毛とは、米国電気脱毛協会により「最終脱毛から1ヶ月経過時点での体毛の再生率が20%以下である脱毛方法」というように定義されており、レーザー脱毛はこの条件を満たしています。つまり永久脱毛とは定義上では確実に永久に効果が持続するということが条件になっているわけではないのですが、永久脱毛として認められている脱毛方法は今の時点ですべて、数年~十数年という非常に長い期間効果が持続することがわかっています。レーザー脱毛もまだ歴史が浅い脱毛方法であるため数十年という単位で効果があるかどうかまではわかっていませんが、被験者の大半は数年以上に及ぶ脱毛効果を実感しています。

レーザー脱毛はムダ毛の黒い色素であるメラニンに反応するレーザーを照射し、ムダ毛の毛根に熱のダメージを与えることで脱毛効果を発揮します。メラニンがない部分にはレーザーの作用が及ばないため、肌に照射してもムダ毛に対してのみ熱のダメージが伝わります。生まれつき体毛が金色の人などはレーザーが作用しないため、レーザー脱毛での脱毛は不可となります。また、脱毛前にはムダ毛を根元ギリギリのところまで丁寧に剃毛しておく必要があります。これは毛根に集中的に熱のダメージを伝えるためでもあり、痛みを最小限に抑えるためでもあります。正しい自己処理を行えば最大限の脱毛効果を得ることができますので、メカニズムと注意点をよく理解して施術にのぞみましょう。一般の人が身だしなみや美容のために自身で体毛を処理する行為は良いことです。これを行うことによって罪に問われることはありませんし、許可されている製品ならば光を利用した脱毛器も市場で購入することが可能です。しかし、脱毛の手段の中には特定の人以外には扱うことができない専門の機器も用意されています。

こうした機器によって脱毛を行う手段の事を医療脱毛、永久脱毛といい、一般的にはレーザーを利用したレーザー脱毛が採用されています。レーザー脱毛というのは、文字通りレーザーの力を利用した人間の体毛を処理する手段のことを言います。では、このレーザーを照射して人間の身体には何の副作用もないのでしょうか。確かに、威力の強いレーザーは人間の身体に対しても悪い影響を与えることがありますが、脱毛器で利用されるレーザー脱毛に関しては悪影響がありません。レーザーを使って体毛の処理を行うときには、そのレーザーを使っても身体に悪い影響が出ないように体毛にしか反応しないように光の調節が行われています。そして、こうした専門的な機器を利用することができるのは医療に従事する医者だけであると法律で決まっていますので、非常に安全性の高い施術を受けることが可能なのです。医療用のレーザーを利用して体毛の処理を行うときには例外なく医者が扱わなくてはいけないのでいつでも安全な処理ができるわけです。実際に施術を行う際には専門のクリニックに行って肌の状態を見てもらうところから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です